新関脇・逸ノ城!九州場所全取り組みGifアニメ・動画まとめ!

2014-11-11_142818皆さん!こんにちは。

こちらはモンゴル出身の

新関脇・逸ノ城を

応援するブログです。

本日11月9日から23日までの15日間

九州場所が開幕しました。

初日の今日は満員御礼!

九州場所での初日満員御礼は

実に17年ぶりだそうです。

 

逸ノ城は場所前のインタビューで

『目標とするのは横綱・白鵬です。

立合いで出て行けるようになりたい。

直ぐにまわし取ることなど学びたいことが多い』

と語っていました。
 

 

そんな逸ノ城の九州場所を追いかけます。
 

Sponsored Link

 

初日・日馬富士戦!

 

2014-11-09_180359

寄り切りで日馬富士の勝ち!

立合いの日馬富士のスピードに

全然ついて行けてません。

下から強烈なのど輪を喰らって

上体を起こされそのまま寄り切られました。

 

逸ノ城は「(立ち合いが)合わなかった」

とコメントしていますが、

解説の北の富士さんは

「合わないのでなく出遅れている。

引っ張る癖が付かないと良いんだが。」

とコメントされています。

 

更に逸ノ城は

「本当の化け物は普通にできるだろうけど、

自分は人間だから。緊張感とかいろいろある」(引用:日刊スポーツ)

とコメントしています。

 

 

2014-11-09_175106(出典:日本相撲協会)

 

2日目・宝富士戦!

 

2014-11-10_175735

下手投げで逸ノ城の勝ち!

逸ノ城に初日が出ました!

「もともと立ち合いは上手じゃない」

と本人も課題と言っているように

立ち合いは良くありませんでした。

高い上体のまま右肩から当たっていった

逸ノ城は右をさされ、

たまらず左に動きながら、

首に手をかけ相手を抱え込んでしまいます。

流れは良くなかったが、

右下手を取って豪快に投げを打ちました。

自身初となる下手投げでの白星!

 

逸ノ城「初日が出たのはうれしい。気持ち的にもいい。(今までの白星とは)なんか違いますね」

「まだまだダメっすね。今日の相撲は自分の相撲じゃない」(引用:スポーツ報知)

宝富士「右投げが予想以上に強かった」

 

解説の元大関・琴欧州は

「左に動いて相手の首を巻く癖を直さないと上位陣には勝てない

立合いでもっと前に出ないといけない」

と語っていました。

北の湖理事長は

「逸ノ城は危なかった。体の大きさで残って、たまたま勝った」

と指摘しています。(引用:日刊ゲンダイ)

2014-11-10_180633

(出典:日本相撲協会)

 

 

3日目・碧山戦!

2014-11-11_175303
上手投げで逸ノ城の勝ち!

幕内最重量199キロの逸ノ城と幕内№2の197キロの碧山。

課題の立合いを修正してきました。

本人も「きのうよりきょうの方が良かった」とコメント。

そして本日注目は「左の張り差し」でした。

新入幕の先場所以降は初めて見せた手です。

「プロに入ってから自分で考えた。あまりやらないようにしているけど、右を差したいからですね」(引用:デイリースポーツ)

それが見事に決まり得意の右四つの体勢に。

その後、右手で相手の頭を押さえながら左上手で豪快に投げました。

得意の頭を巻いての上手投げについては

「前へ出て土俵際で残りながらやるのはいいけど、前へ出ずすぐにやっちゃうのはダメです」(引用:同上)

とコメントしています。

2014-11-11_174304

(出典:日本相撲協会)

4日目・豪栄道戦!

2014-11-12_175734

寄り切りで豪栄道の勝ち!

逸ノ城は上から狙った左上手を取りきれず。

鋭く踏み込む豪栄道に懐に入られると、

前まわしも引かれて一気に寄り切られた。

逸ノ城「立合いが悪かった。」

「研究された? そうですね」

と言葉少なめ。

 

まわしを取れない逸ノ城が、

又しても引きながら右手で頭を巻こうとしましたが

このパターンは研究されていますね。

先場所どおりには行きませんね。

あれだけの重量がありながら前に出ないでしょうか?

引かずに前に出て欲しいものです。

このままこの癖を修正できないと上位陣には勝てませんよ。

 

”豪栄道は初日に日馬富士が逸ノ城を倒した試合を見て

「低く前に攻める相撲に弱いはず」と読み勝ちです。

右手を前に突き出しながら立ったのは、変化を警戒して。

すぐに得意の右差し。

相手が無理やり小手に振ってくるのも織り込み済みだった。

左前みつを浅く引き、腰を下ろした盤石の型で一気に寄る。

つけいる隙を与えなかった。”(引用:産経新聞)

2014-11-12_173303

(出典:日本相撲協会)

5日目・豪風戦!

2014-11-14_012313

叩き込みで逸ノ城の勝ち!

立合いがかなりナーバスになっているのか

息が合わずに突っかけてしまします。

その後出ては行きますが又離れて

見合ったところを左で巻いて叩き込みです。

 

逸ノ城「離れたのではたく事になってしまった」

「負けてもいいんで、とりあえず前に出て行ってと思った。前に出て勝ちたかったけど、決まって良かった」(日刊スポーツ)

北の富士さん「引きながら左からの巻きが癖になりつつある。

今後は相撲の内容が問われるね」

 

こうも連発すると髷掴みの反則取られなければいいですがね。
2014-11-14_012857

(出典:日本相撲協会)

6日目は因縁の対決。横綱・鶴竜戦!

初顔合わせだった先場所は注文相撲で敗れ、史上最速の金星配給。

10月の秋巡業の稽古では連日のように「かわいがり」を逸ノ城に行い

帯状疱疹で巡業を休場に追い込んだ相手です。

 

6日目・鶴竜戦!

2014-11-14_1955412014-11-14_195541 - コピー

寄り切って鶴竜の勝ち!

2分半の及ぶ大相撲となりました。

逸ノ城は「立合いは悪くなかった。左上手が取れなかった

(一度取ったですが切られました)そして足が出なかった。

止まらないでどんどん攻めればよかった」

とコメントしています。

 

立合いはよく前に出て、右四つ左上手を取りましたので

そのまま寄り切っていれば勝てたかも知れませんが

「横綱がうまかった。強かった」

というように今度は鶴竜が右前ミツを引いて頭をつけ、

相手得意の左上手を許さずに寄り切りです。

 

しかし逸ノ城も土俵際寄り切られそうでも

力負けせず残りましたので

場数を踏めばもっと強くなるでしょう

今日のように引かずに前に出れば

自ずと勝機が巡ってきますね。

 

 

2014-11-14_210542

 (出典:日本相撲協会)

 7日目・勢戦!

2014-11-15_210150

上手投げで逸ノ城の勝ち!

先場所敗北を期している相手です。

何度も前回の映像を見返して臨んだと言います。

「先場所は焦って、あわてて、投げにいって負けた。

先場所一番悔しい相撲」と雪辱を誓っていました。

「先場所、自分がこうやって(上手投げで)やられているんで、

上手投げで決めたかった。今日は本当に勝ってやろうと思った」

 

決まり手は得意の右よつ左上手の体勢から

勢が左を巻き替えようとした瞬間を逃さず、

右手で頭を押さえての上手投げ。

いつものお決まりのパターンです、

これを巷では“逸ノ城スペシャル”と言うそうです。

 

「立合いで強く踏み込み即座に左の上手を取れたこと」

が勝因と解説の八角親方も言っておられましたように

立合いの修正がされ安易に引かなくなりました。

これで一気に寄りきれるスピードも付くいたら

いよいよ怪物ですね。

 

2014-11-15_215319

 (出典:日本相撲協会)

Sponsored Link

中日・栃煌山戦!

2014-11-17_080930

 

寄り切りで栃煌山の勝ち!

又しても立合いで突っかけしまし

その後の変化は先場所では効果ありましたが

今れはもう通用しませんしやってはいけません。

 

解説の北の富士さんも

「絶対これはやらないこと。だめです。

この人は魅力がどんどん半減します」

と厳しい口調で苦言を呈していました。

 

親方衆からも厳しい声が掛かります。

「なんというケチな相撲なんだ」

「ああいう相撲を取っていたのでは、とても綱(横綱)は無理」

「魅力半減だな。育てるという気にならないよ」

「変化して勝っても次につながらない」

「汗もかかずに楽をして勝ったら出世などできない」

(引用:J-CAST)

 

「思い切り当たっていくつもりだったけど、

土俵の上で変化になっちゃった。

今日の立ち合いはダメだった」

と逸ノ城の談話です。

 

武双山(現・藤島親方)は現役時代

”生涯変化なし”を貫いたそうです。

安易に目先の勝ちを拾おうとせず、

正々堂々と眞の力士になって欲しいものです。

 

 

2014-11-17_075748

(出典:日本相撲協会)

 9日目・白鵬戦!

2014-11-17_185136

上手出し投げで白鵬の勝ち!

速攻の横綱相撲。

「立ち合いが全然駄目。右を差しにいってやられた。上手はもっと前の方が欲しかった。全然駄目」

「まわしの取り方が全然違う。速い。立ち合いをもっと磨いていきたい」(引用:スポニイ)

白鵬が上手すぎです。

思いっきりぶつかってだめだったらしょうがないじゃ無いですか。

気持ちよい負けっぷりです。

白鵬は「逸ノ城は、まだ長い相撲を取るのは早いのではないかな?」

と余裕のコメントです。

2014-11-17_185705

(出典:日本相撲協会)

 10日目・安美錦戦!

(出典:Japan trip)

2014-11-19_074357

押し出しで逸ノ城の勝ち!

西前頭筆頭・安美錦を押し出し5勝5敗として星を五分に戻しました。

「前に出ようと思って、それしか考えなかった」

というように行司も巻き込んで雪崩落ちるように押し出しました。

場所前半は直ぐに引いてしまう場面が多く有りましたが

今回はとにかく前に出ていけていた分不細工ではありますが

今場所一番いい相撲だったと思います。

 

2014-11-19_075640
(出典:日本相撲協会)

 11日目・豊響戦!

2014-11-20_065508

突き落としで逸ノ城の勝ち!

立合いで激しく豊響に踏み込まれながらも

土俵際踏みとどまって突き落としで

6勝目を挙げた。

「ヒヤッとしたけど、右が入っていたから大丈夫」

腰に大きなシップを貼って出場しましたが

「大丈夫です。でも痛いです。」

とコメントしています。

 

今場所初めて朝稽古を休んだ。

前日から腰に痛みを感じ、テーピングを施して臨んだ。

「そんなに痛くない。腰が疲れている感じ。

今日、休んだんでいいと思います。遅くまで寝てました」

と明かした。(引用:日刊スポーツ)

 

場所前充分な稽古が出来てませんから

疲れが溜まって来ているとは思いますが

残り4日気合で頑張って下さい!

そして絶対に勝ち越しましょう。

 

2014-11-20_073459

 

 

2014-11-20_070126

(出典:日本相撲協会)

12日目・琴将菊戦!

2014-11-20_193533

寄り切りで琴将菊の勝ち!

大相撲九州場所12日目の20日、『満員御礼』の垂れ幕が下り、

九州場所の平日では1997年『若貴時代』以来17年ぶりの大入りとなりました。

立ち合いから琴将菊に左の上手を素早く取られて

そのまま攻め込まれて寄り切られ6勝6敗の五分に下げました。

解説北の富士さんからは

「残ると思ったが腰が高いね」

と指摘されています。

2014-11-20_195007
(出典:日本相撲協会)

13日目・栃ノ心戦!

2014-11-21_185518 - コピー2014-11-21_185518

寄り切って逸ノ城の勝ち!

7月の名古屋場所千秋楽の十両優勝決定戦以来の対戦です。

十両優勝決定戦は1分近くに及ぶ大相撲を寄り切りで

栃ノ心が勝っています。

 

幕内では初顔合わせとなった今回の取り組みも

1分に及ぶ力相撲となりました。

何度も寄り切られそうになった逸ノ城ですがよく耐えて

最後は逆に栃ノ心を寄り切って前回の雪辱を果たしています。

 

 

2014-11-21_191020
(出典:日本相撲協会)

14日目・稀勢の里戦!

 

2014-11-22_221021

叩き込みで逸ノ城の勝ち!

今回はさすがに変化は使えません。

当たって行きましたが右が差せないので

直ぐにいつもの左後ろに下がって頭を巻いての

叩き込みですね。

今場所の勝ち越しを決めました。

 

決していい内容ではありませんが得意パターンなんでしょうね。

しかし髷掴みの反則を取られないといいですがね。

微妙なところに手が掛かります。

 

「上位(横綱、大関陣)の人とみんな当たって、

三役での勝ち越しなのでうれしいです」(引用:スポーツ報知)

とコメントしています。

新関脇で勝ち越したのは12年秋場所の妙義龍以来です。

 

たが今場所も大関陣が総崩れです。

北の湖理事長も

「ダメだね。三役との差は紙一重か、互角」(引用:毎日新聞)

と言ってます様に大関挑戦も近いかも知れませね。

2014-11-22_221725

(出典:日本相撲協会)

千秋楽照ノ富士戦!

2014-11-23_191333 - コピー2014-11-23_191333

寄り切りで照ノ富士の勝ち!

昨日で勝ち越しを決めていた逸ノ城は

本日は同胞のモンゴル出身で同じ鳥取城北高校の先輩

同じ飛行機で来日した照ノ富士です。

 

2分以上に及ぶ大相撲の結果

輝ノ富士が寄り切りで勝っています。

これで逸ノ城は8勝7敗で勝ち越し!

 

新関脇で勝ち越したのは2012年秋場所の妙義龍以来で、

新三役・新関脇での勝ち越しは1994年3月場所の

武双山以来20年ぶりだそうです。

 

しかし本日の一番、

逸ノ城はやり辛かっと思いますよ。

逸ノ城はモンゴル出身とは言っても遊牧民の出身

ウランバートル出身の力士とは一線を画く一匹狼!

そして本日の相手は気心知れた高校の先輩・輝ノ富士

自身は昨日勝ち越しが決まっていますが

輝ノ富士は今日勝てば勝ち越しが決まります。

更に輝ノ富士は8日目に白鵬から土俵下で

ダメだしを喰らった相手であります。

白鵬はこのダメだしについては口を瞑ったままです。

一説によれば逸ノ城に対する威嚇であったのではとの噂も。

また元横綱・朝青龍の現在来日しているとの噂も聞かれ、

モンゴル人力士の中で、逸ノ城争奪戦が始っているとか?

そんな状況で母国母校の先輩に対して遠慮が働いたのでは?

と思ったのは私だけでありましょうか?

乗り越えるべき壁が多くありますね。

九州場所お疲れ様でした。

そして勝ち越しおめでとうございました。

 

2014-11-23_193608

(出典:日本相撲協会)

2014年・九州場所!逸ノ城全取り組みGif直観え!

Sponsored Link

こちらの関連記事もどうぞ!


“新関脇・逸ノ城!九州場所全取り組みGifアニメ・動画まとめ!” への1件のフィードバック

  1. tokiomark より:

    逸ノ城関、まずは自信を取り戻し、どう相撲を取ろうなんてあまり考えないで、その類稀な体力を思い切りぶつけて残り10日間を乗り切ってください。手本は今場所の琴奨菊関だと思います。あの思い切った踏み込みの鋭さと圧力です。上手回しを取ることとか十分な形に持っていくとかは二の次で、もっと言えば勝敗の結果も気にせず是非、存分に丸い土俵の上で暴れまわってください。期待しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ